箱・説明書なしPS2 買取

箱なし・説明書なしのPS2買取について

箱なし・説明書なしPS2買取

箱なし・説明書なし状態のPS2の買取は、買取業者によって買取不可となる場合もあります。
買取業者によっては、完品状態のPS2ですら、古い機種であるために買取を断るケースもあります。
箱なし・説明書なしPS2本体は、大幅な欠品と見なされ、買取不可か、買取価格が大幅に減額されることもあるので注意しましょう。
このページでは減額の割合が低い業者を紹介しています。

>>おすすめ業者はコチラ

欠品1つで2割減額・2つで3割減額の買取業者ゲームブリッジ

自動査定&減額基準開示で安心

ゲームブリッジ公式サイト

  • 自動査定システムあり
  • レトロゲームも買取可能
明確な基準

ゲームブリッジは、ゲーム機の場合、「欠品1つで2割減額・2つで3割減額・3つ以上で4割減額」としっかり減額基準を開示しています。自動査定&減額基準開示で箱・説明書なしPS2でも売る前に査定額の概算を見積もれます。

公式ページはコチラ

PSやセガサターンなどのレトロゲームの場合は欠品の減額基準が上記とは異なります。

箱なし・説明書なしのPS2を買取してもらう3つのコツ

欠品があっても買取してくれる業者を見つけるる

欠品のあるPS2の買取は、買取業者によっては行っていません。
売ろうとしているお店が、箱なし・説明書なしの買取を行っていない可能性もあるので、事前にHPで確認するか、載っていない場合は直接相談しておくとよいでしょう。

欠品部位を確認する

箱なし・説明書なしで売る前に、その他の付属品を確認しましょう。
箱・説明書以外にも欠品があると、買取価格がさらに減額されてしまい、買取不可となる可能性も高くなります。

減額基準が明確な買取業者を選ぶ

箱なし・説明書なしPS2は、買取不可にならなかったとしても、通常は減額対象にはなってしまいます。
HPに減額基準が明記してあるような買取業者を選べば予めどれくらい減額されるのか予想できて安心です。

>>おすすめ業者はコチラ

箱なし・説明書なしのPS2買取のまとめ

PS2

箱・説明書なしのPS2は、欠品商品であり、ただでさえ買取価格の安いPS2が、箱なし・説明書なし状態になることで、さらに減額されてしまいます。
買取業者によっては、箱なし・説明書なしの時点で買取不可という可能性も十分あります。

まずはHPで確認し、買取してもらえるかどうか、買取してもらえるとしたら減額はいくらくらいかなどをチェックしましょう。
箱・説明書なしのPS2を売るなら、減額基準がはっきりしているゲームブリッジがおすすめです。

>>公式サイトはコチラ